--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/09/21 (Wed) ブチャラティのこと好きじゃし
 お仕事を済ませたのちの21時過ぎ。
 街まで出て、ふじわらと合流。
 隣に侍るは、嫁。ふじわらの、嫁。
 紹介も、「嫁です」。
 式はまだ少し先の話だけど、既に籍は入れてあるらしく、まさしく嫁。

 ふじわらが、嫁を貰った。
 あのふじわらに、嫁が。
 こんな素敵なことはない。

 本通りでご飯といえば入魂かうまいでか岡虎なので、静かに過ごせる岡虎へ入って晩ご飯。
 途中で仕事を終えたはなうらも来て、4人で晩ご飯。

 ふじわらの嫁となると、想像するには、あのふじわらの全てを受け止めることができる大きい器をもつ人か、もしくは生活習慣から興味趣味までまるっきり瓜二つな人じゃあないと務まらないと考えていたものだが、まさに前者で、嫁一族総出できちんとふじわらを調教してくれそうな信頼感。
 ふじわらはいい人と出会えたらしい。
 こんな素晴らしいことはない。

comment

どうも。ありがとです。

そのとき話題に出たけど、ジョジョに関しての嫁の考察例↓
~~~
トリッシュはブチャラティのことを慕っていたのだけれど、今回のことが終わればそれまでの関係と、叶わないことだともわきまえていた。
ブチャラティはポルナレフに辿り着く直前にトリッシュに向かって、今回のことが終わったら、自分の別荘に…、ということを言うのだけれど、皮肉にもそのトリッシュはドッピオが化けた形だけのトリッシュ。
トリッシュ本人がブチャラティからその言葉を聞けたらどれだけ幸せだっただろう。この皮肉を描ける荒木先生すごい。
~~~

それを聞いた俺の感想↓
~~~
その発想はなかったわ!おもしろいッ
~~~
2011/10/01 09:22 | URL | F@ふじわら [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://okatetsu.blog7.fc2.com/tb.php/1670-ec5dbef7

あしあと

     

カレンダ

きじとこめんと

カテゴリ

リンク

じぶん

おかてつ

Author:おかてつ
めがね。
しゃかいじんよねんせい。

けんさく

M.R.ながら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。