--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/12/31 (Sun) 2006年12月31日(日) ゲーセンは英文学生に夢を。
 結局起きたのが昼過ぎ。それから、h家で朝ご飯をご馳走になったり誕生日ケーキをご馳走になったり太鼓の達人をしたり。15時前ぐらいだったろうか、h家は実家へお行きになられるらしかったので、家をあとにした。

 それからまたfと街をぶらぶら。夜は、肉という提案により、牛庵で焼き肉の食べ放題を決行。結構食べた。

 店を出てもまだ22時にすらなっていなかったので、近くのゲーセンへ。画面にタッチして右脳を鍛えつつ全国のプレイヤーと競い合うゲームや、NOVAうさぎが出てくる英語力チェックゲームをした。右脳の方では、出題された問題が良かったのか、1回で4人中1位になって優越感を覚えた。fは2度目で1位になっていた。英語の方は、fが最初にして、中級の総合問題を解いていたので、自分もまずは中級から挑戦。
6位。
 結果、全国で6位という成績を修めることに成功した。何気に割と嬉しい。その店内では中級総合唯一の合格者になれたし。調子に乗って、上級の総合問題にも手を出した。
69位。
 次は、69位になることができた。最後の最後で間違えてしまったのが悔やまれるが、楽しかった。

 それなりに夜遅くなってきたので、近くの市電駅へ。すると、ものの見事に終発済み。大晦日は営業しているというfの推理は脆く崩れ去った。っつーか、先にチェックしておくべきだったな。うん。仕方がないのでJRの広島駅まで歩いて行った。そして、駅の一歩手前で、新年を迎えた。
スポンサーサイト

2006/12/30 (Sat) 2006年12月30日(土) 寝不足は21歳に容赦なく。
 漫画を読もうか、というところで、柔道とボクシングのn井に遭遇した。なので、朝までの漫画とダーツは3人でやっていた。『ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編』や『デトロイト・メタル・シティ』を読んだ。ダーツは、カウントアップ、01ゲーム、と続き、クリケットに挑戦した。最初は全員ルールがわからず、とにかく投げていたが、徐々に謎を解き明かし、仕舞いにはクリケットが一番面白いものになっていた。

 6時過ぎに退店。朝マックをして、柔道とボクシングのn井はバスで山に帰った。

 それからまた街をぶらぶらした。10時過ぎてハンズが開店したので、hの妹の誕生日プレゼントを買った。首がゆらゆらする人形。「小畑くん」と命名。
狂ッポー。
 その途中に見つけた鳩の集団。ばり気持ち悪かった。

 お昼は、昨夜食べそびれたカレーを。fは辛くないだの温いだのと毒を吐いていたが、ぼくはそんなことないと思いまーす。
 ここらへんでかなり眠気に限界がきたので、fを街に置き去りにして一旦帰宅、シャワーを浴びて就寝。

 18時ぐらいに目覚め、また街へ。半田屋でご飯を食べてfが持ってきてくれた551の豚饅を食べて、hを待って逃げられたり、らららららを待ちつつ広島駅まで行って西広島駅まで行って3人でタクシーに乗って地元へ。外で寒さに耐えつつ3人で語り合ったのちh宅へ。ジョジョをしたりストⅡをしたり。29時にダウン。

 今、広島駅のある場所に、こんなシールが貼ってある。
犯行声明。
 これは、ある大学のメンバーが帰省するたびに駅の見えにくい場所に貼るもので、場所によっては数年分のシールがある場所もあるとか。一度最寄り駅を確認してみては?

2006/12/29 (Fri) 2006年12月29日(金) 初雪は同窓生にちらつき。
 最近オール続きでご両親の目が厳しいらしいt實女史とi橋女史が途中でお帰りになられて、お子さんが気になるm田女史もお帰りになられた。そこで残った4人も店を出て、近くでバイトをしているs女史を迎え入れ、カラオケに。部屋に入った瞬間さっさがつぶれ、s女史もおねむなご様子でフワフワしていた。元気な3人で歌ったり語ったりさっさをいじり倒していた。そうこうどうこうで7時。退店ー。家が近いs女史とお別れし、4人でタクシーに乗って帰宅。帰ってシャワーを浴びて、8時に就寝。
 んー、大学も高校も中学も集まりは楽しいけど、小学はまた違う楽しさがあるな。いろんな世界の人間が集まる。あと、やっぱり、小学生時代のお互いを知っているというのもでかい。あの頃は本能のままに生きていただけに、恥ずかしくも懐かしく、とても楽しいな。

 15時前に起きた。今日は、fとhが広島入りするらしい。

 そのfは20時前に到着という知らせが入ったので、軽く身支度をして街に。久しぶりの再開。相変わらずのfだった。まずは腹ごしらえということで何かを食べようと練り歩いたが、肉は客がいっぱいだったしカレーは閉まっていたので、ドンキーでびっくりしておいた。それからは、ネットカフェでビリヤードをしたり、漫画を読んだり、ダーツをしたりして夜を明かした。

2006/12/28 (Thu) 2006年12月28日(木) WCEは葬儀屋に儲けを。
 早速生活リズムは崩れ落ち、寝たのが5時で起きたの13時30分。まあ、今日は夜から集まりがあるし、正月も夜が中心になるだろうから、無問題ってことに。

 起きてすぐに大学に電話をして教育実習の期間変更のことを伝えようとしたら、今日は担当の人が休みで、明日から新年4日までは仕事しないよ、とのこと。まあ、なんか、うちの学校らしいな、と思った。けっ。

 夕方お風呂に入り、身支度をし、18時30分ぐらいに家を出て、市電に乗り、シャレオ(地下街)に。19時30分にt實女史、i橋女史、さっさと合流。s水女史もおられたが、彼女は既に用事が入っており、顔を見せただけでお帰りになられた。4人で、ぶらぶらと街中を歩いていると、すっげえ雪が降り始めた。まさかこんな急に初雪に出会えるとは。もう数日早く降ってればもっと喜ばれていたんだろうに。飲みを始めようにも、まだ2人合流するメンバーを待たないといけなかったので、モスへ入って小腹を満たした。その途中、2人のうちの1人、h下男爵が到着。それからまたしばらく歩き回り、最後の1人、f田女史と合流。彼女は、m田女史も連れてきてくれたので、全部で7人になった。みんな揃ったところで、魚民へ直行。ワイワイ。

2006/12/27 (Wed) 2006年12月27日(水) 担当者は定時に帰る。
 生のビリヤードがしたい、という自分の希望から、メディアカフェポパイに。遊んじゃおうぜ、ということで6時間パック。ビリヤードをがっつりやって、ダーツもしっぽりやって、漫画をモリモリ読んで、スープやジュースもぺろぺろ飲んで、最後の1,2時間ぐらい? はブースに篭ってレースゲームや人生ゲームを。いやぁ、ビリヤードは難しい。どうすればいいかがわかっても、それを実行する技術がないのがほんと悔しい。うまくなりたいわあ。ダーツも、ある程度までは狙ったとこに投げれても、結局500点なんて夢で。やっぱ前やったのんはまぐれやったんやなあ、なんて。
 6時間ぎりぎりまで遊んで出店。外はまだ暗く寒かった。どこへ行くか決まらない間に自分は軽く意識を失ってしまい、気が付いたらどこぞのファミマにいた。そこでどれくらいだろうか、コンビニのうまいもん食って、道行く車などにコメントを残し、話をし。そんなこんなでダウンしていたあっくんが起きてから、帰った。家に着いたのが10時前ぐらいかな。そっからすぐ寝た。
 あーもうほんま楽しかった。まじ楽しかった。体操部は違うわ。酒飲まんでもこれ。30時間ぐらい寝んくてもこれ。最強。

 目が覚めたら、18時前。また中学校から不在着信があったので、かけなおした。内容は、教育実習の期間変更で、来年の6月6日~27日の予定だったものを、5月28日~6月15日にしてくれないか、ということだった。大学にその旨を伝えるために電話。が、時間も時間で担当の人が帰ってしまっていたので、また明日。

 そうだ、ファミマにおる間にキャラメルミルクティを飲んだ。16本目。

2006/12/26 (Tue) 2006年12月26日(火) 学生は鈍行に揺られ。
 1時ぐらいから開始。今回は閣下も参戦。酒を開けつつ、億万長者ゲーム。また、閣下が持ってきてくれた『よつばと!』の6巻を読んだ。
 久しぶりのあずまワールドだが、改めて、とても良かった。ほんと温かい気持ちになる。ところで気になったのが、今回はよつばがよく泣くということ。困難にぶち当たって泣くこともあれば、とーちゃんとの約束を破って泣くことも。これは両方ともよつばの成長を表しているように感じた。自転車を手に入れることから始まる父親、お隣との世界からもっと広い世界への進出。来年から学校だ、という言葉からも似たようなものを感じる。来年から学校。『よつばと!』は学校に入ってからも続くのだろうか。作者が時間軸におけるリアリティを大切にしていることから、どこぞのしんのすけのように毎年5歳ということにはならないと思うが、よつばが学校に行くというのは、いささか寂しい気もする。子どもが幼稚園や保育園に入るのを見送る親の孤独感というものが少しわかったっぽい。成長は嬉しいが、自分からどんどん離れていくのだな、なんて。そう考えたら、子どもが自立していくって、ほんと早いんだろうな。特に園児となるまでの3,4年間なんてまさにあっと言う間だ。泣いちゃうぜ。
 億万長者ゲームでは、もうほんと悲惨なことになったんで、途中でコンピュータに操作を任せて食材を殲滅させることに。残念ながらオクラはもう柔らかくなってご臨終だったが、山芋は健在だったので、皮を剥いていたら、コンピュータも悲惨なことになって、調理を終えた頃には破産していた。shit!さらに、調理では塩コショウの味つけを忘れていた。fuck!
 億万長者はもうやめて(今回はステージ選択が悪かった。変に凝っているのよりはシンプルなのが熱くていいな)、ガンダムで闘うのを一通りして、ビリヤードのゲーム。勝率的には3人で五分五分(という言い方をして良いものか)な感じ。5時30分になったので、強制的にお開きにした。

 それから、ゴミをまとめて出して、着替えて、荷物を確認して、家出。外は真っ暗なうえ、小雨。まあ、駅までの道のりだ、ということで、傘はささずに出た。英国人みたい。
 5時54分の始発電車に乗って、地道に距離を稼ぐ。早速ジャンプを読んだ。7時ぐらいに、柳ヶ浦で乗り換え。ここで30分以上待たされないのが始発の良いところ。スムーズに進める。さらに1時間ぐらいで、小倉に到着。読み終わったジャンプは荷物になるので放棄して、新たにスピリッツを買った。計画としてはここでこの前食べたおいしい肉まんをまた買おうと思っていたのだが、早過ぎたようで、まだ全然できていなかった。残念。どうしようか、と駅構内を歩いていたら目に入ったのが、立ち食いうどん屋さん。いろんな駅で見かけるが、入ったことはゼロ。ここは一つ大人になるところか、と思い立ち、いざ出陣。きつねうどんを食べた。温かさがじんわりと伝わる。おいしかった。それから、下関へ行って、山陽本線に乗り換え。小倉内である程度時間を潰したおかげで、ほんとは山口県内で3,4回乗り換えないといけなかったのが、1回だけで済むように。らっきい。ゆっくりスピリッツを読んで、これもその1回の乗り換え時に放棄。山口の中央部からやや東まで寝て、柳井辺りで起き、それからはのんびりと西広島まで。13時過ぎに到着した。不運にも、広島も雨が降っていた。なので、ちょっとリッチにタクシーで家まで。

 電車で寝ている間に、来年教育実習をする予定の中学校から電話がきていた。かけなおしてみたが、実習生担当の先生はもうお帰りになられたらしく、結局用件わからず。明日またかけよう。

 o窪(o窪て!)から遊ぼう、なんて連絡をもらっても家を出るのを拒否せざるを得ないぐらい雨が降っていたのだが、20時前ぐらいに、あっくんが車で迎えに来てくれたので、遊びに行くことに。車最強。まあ、出る頃には雨も止んでいたのだけれど。
 それからo窪の家まで行って合流。今日は3人。午後に入ってからほとんど何も食べていないあっくんと自分、鍋を食べたo窪。まずはご飯を食べに。…ところが、既にテンションがおかしなことになってしまい、なかなかどこへ行くかが決まらず、結局車を停めていた駐車場の近くのマックで軽く食べた。でも、マックの食事すら普通にとれない有様で、自分は100円硬貨も食べたりした。
 小腹を満たしてから、車をぶいぶいと、もはや自分には何区かすらわからないところに連れて行ってもらった。そこには、きれーいな夜景が広がっており、正直、一瞬で別府の夜景が曇ってしまった。帰りにちょっと、ほんのちょっと車を運転した。下り坂だったからアクセルなんて蚤ほどしか踏んでいないが。それでも2年間のブランクというものは相当なもので、どこぞで練習をしないと、確実に自分の、そして他人の人生に迷惑をかけてしまうだろうな、と思った。
 そのまま日付けを更新。

2006/12/26 (Tue) 【色バトン】。
・好きな色は?
 暖色系。オレンジ的な。優しい色。黄緑的な。

・嫌いな色は?
 んー…、肌色? 肌以外の肌色は面白みがない感じ。あと、暗さをもたらす濃さもいいや。色に恐怖は求めない。

・携帯の色は何色?
 ピンク。ピンクの携帯は初めて。そこまで自己主張の強いピンクじゃあないから下品ではないと思う。

・車の色は?
 持ってないので、希望を。黄色い車良いよね。丸くて黄色いの。トコトコ走る感じ。

・カーテンの色は?
 今実家におるんで実家の柄を。薄い青紫地に、薄い緑の葉と薄い桃色の花が描いてあるやつ。文章じゃあ伝わりにくいよなあ。個人的には一色のものがお好き。

・今着ている服は?
 紫と灰色のストライプTシャツとジーパン。ハム太郎のパンツ。

・貴方の心の色は何色?
 さあ。腐ったピエロみたいな色なんじゃね?

・回してくれた人の心の色は?
 外見のイメージカラーは黒地に赤的な感じじゃけど、内面の色は水色みたいな爽やかな印象。

・次の7つの色に合う人を選んでバトンを回して下さい。
(赤・青・オレンジ・ピンク・黒・白・緑)
 赤:つ⌒(二二二O
 青:つ⌒(二二二O
 オレンジ:つ⌒(二二二O
 ピンク:つ⌒(二二二O
 黒:つ⌒(二二二O
 白:つ⌒(二二二O
 緑:つ⌒(二二二O

2006/12/25 (Mon) 2006年12月25日(月) 明日広島帰るよ。
 A very merry Christmas to you!

 クリスマスといえば、巷でよく見かけるXmasの文字。これは、キリストを表すギリシア語の頭文字がxであることからきているのだが、主に広告文や親しい友人の間で用いられるもので、正式にはChristmasを用いる。また、X'masという表記は、普通避けられるもの。まあ、そんなことより、愛をください。

 s木男爵とは、1時ちょっと過ぎぐらいから遊んだ。さっそく新しく買った中古ゲームをしてみた。DX億万長者ゲームⅡ。PSのゲーム。プレイしてみると、まあ、いわゆるボードゲームで、シンプルないただきストリートのような感じだった。土地を買い、株を買い、資産を増やし、の繰り返し。シンプルゆえに一撃が大きく、金と時間をかければ、止まったプレイヤーの所持金を一瞬にして消し去るようなマスも作れる。そして、6時過ぎぐらいに、見事なまでにそれを踏んだs木男爵はお帰りになられた。負けるのはおろか、少しの被害も嫌なご様子。ゲームなのに。

 7時前に寝て、昼ごろからちょくちょく目を覚ましつつも、15時まで布団の中。それからのっそりと起き、寝間着に上着を羽織った形で外へ。まずは銀行に行ってお金をおろす。そして、駅まで歩いて18きっぷを購入。さらに、27日に帰るつもりだったのを、思い付きで26日に変更。27でないといけない理由や26は駄目だという理由は特にないので、なんら問題なし。むしろ、ちょうど食材がなくなるし、明日はゴミを出す日なので、丁度良い。

 帰ってからちょっとしたら、s木男爵からメールがきた。内容は、今夜も遊ぼう、という感じ。容赦なくo.k.というのも、明日乗る予定の電車は5時54分の始発で、それまで起きておくには、一人より複数人数の方が圧倒的に楽だから。ちなみに、26に帰ろうと思い付いたのも、昨日今日のオールで一気に活動時間がずれ、始発まで起きれるかな、という雰囲気になったからだ。つまり、s木男爵のオファーからの連鎖事象。ナイス。

 23時過ぎに、明日の電車内でのお供を手に入れるために、ローソンに行った。時間担当は、ジャンプ。腹担当は、パン。ついでに、今夜のお供として、ピザまんとキャラメルミルクティも買った。15本目。学校が終わってからコンビニに行く機会がなかったので、とても久しぶりだ。危うく禁断症状が出るところだった。嘘。

2006/12/24 (Sun) 2006年12月24日(日) 玉ねぎ放置したらくさい。
 今日も11時起床。約9時間の睡眠。お腹が空いていたので、袋ラーメンを作って食べた。袋ラーメンを作る時は、卵を入れないと気がすまない。何度か入れずに食べたことがあるが、その都度、次からは絶対に入れよう、と決意するぐらい満足度が違う。もちろん、卵は溶き卵。チキンラーメンだけは月見にしても良いかな。卵を入れる時は、最初は全体に回し入れるが、1周したら、残っているのを一箇所に一気に入れる。これが固まったのがうまい。完成したら、全体に散らばった小溶き卵と麺を一緒に食べつつ、キング溶き卵はスルー。このでかいのは、麺を全て食べ終わった後に、ゆっくりと味わう。白身の部分が多ければなお良し。スープ以外を完食したら、入れたくなるのが白ご飯。どんな汁でもご飯を楽しめる我が家では、ラーメンのスープにご飯がデフォルト。しかし、こっちではご飯を炊かない生活を送っているので、毎回我慢。体に悪いと知りつつも、スープを全部飲み干す。実家なら絶対ご飯入れてる。実家なら絶対ご飯入れてる。
 こうやって、ラーメンのことを長々と書いて退屈な一日を少しでも彩る。

 お腹いっぱいになってから、また布団に潜り込んでまごまごした。

 16時過ぎぐらいに、スーパーへ食材を買いに。特に何事もなく、いつも通りの買い物。

 なんか、いつの間にかM-1が終わり、チュートリアルが優勝したらしい。そういやあ24日か。すっかり忘れとった。そんな時はこれだよのび太くん。あってよかったようつべ。まだ見とらんけえうpされとるかは知らんけど。

 さて、夜、ご飯を作っとったら、s木男爵から電話が。てっきりクリスマス・イブを楽しんどるもんだと思っとったら、23~24にかけて楽しんだらしく、今日はバイトとのこと。んで、それが終わったら遊ぼう、って。ん、いいよー。
 2人で古本屋に行き、1300円ぐらいでゲームを買った。

2006/12/23 (Sat) 2006年12月23日(土) 細菌集合怪獣 エリンギー。
 11時前に起きた。それから昼過ぎまで、雀荘に軟禁されていたfとチャットなど。夕方前ぐらいに、出かけた。

 ほんと学校が終わったら引きこもりで、さらに基本的に自分から誰かを遊びに誘うことが少ないのもあり、食材を買いに行く以外外に出なくなる。それはよろしくないので、散歩がてら近くの(とは言っても結構歩くが)古本屋へ。漫画をちらちら立ち読みして、外が薄暗くなり始めるちょっと前ぐらいに帰った。冬の、夕方の、田舎には、aiko - 三国駅がよく似合う。テンポの良い洋楽はすっ飛ばして帰るまでに3,4回ぐらい聞いた。帰り道の途中にあるドラッグストアを見た瞬間、急にお菓子が食べたくなり、カールを買った。ただ、結局今日は食べなかったので、クリスマスディナーにでもしようかな、というところ。

 最近、砂肝にはまっており…まあ、砂肝自体は昔から好きなので…砂肝を家で調理して食べるのにはまっており、今日はそのお供として、えのきとエリンギのキノコたちを投入。って、
ジャンボー。
 でけえよエリンギ。そらスーパーの店頭で「エリンギー」なんて怪獣みたいな名前で売られるわ。でかいだけあって食感も香りも味も良しで文句はないんじゃけどね。

2006/12/22 (Fri) 2006年12月22日(金) 何度も何度も何度も何度も…!
 色々と遊んでいたが、4時前ぐらいに、s木男爵に限界が訪れたらしく、彼は帰っていった。互いの家が徒歩2,3分の距離の良いところ。それから、ゴミをまとめて出したりなどなどをして、4時30分過ぎに就寝。

 11時に起床。30分ぐらいに家を出て、学校へ。コンビニで、パン2つとキャラメルミルクティを購入。14本目。ここ最近、否、いくらか前から、自分がキャラメルミルクティばかりを買って飲んでいることが定着し始めた。そんな中よく聞く単語が、「糖尿病」。こわいねー。いくらなんでも病気は嫌だねえ。
 お昼を食べて友人と話をして、13時から補講。これが今年最後の授業。当てられたが、なんとか乗り切る。それからは、横の閣下と共に、先生につっこみをしながら過ごした。
 授業が終わってから、個人的に、先日の不定詞に関する疑問を投げかけてみた。その結果、自動詞と他動詞での用法区分はできないらしく、I bought a book to read.といった文は、形容詞的でも不定詞的でも好きなように取れるらしい。日本語でいう「ココデハキモノヲヌイデクダサイ」のように、前後の文脈から意味を取らなければならない文ということ。さらに、I bought a book to read it.などとしてしまうと、そのitはbookをささなくなり、book以外の何かを読むために本を買うということになるようだ。これは難しい。すっげえ教えにくいぞ。ただ、I look for a dog to feed.のfeedはやはりこのままでは自動詞扱いとなり、食べるという意味しかなくなるので、犬を食べるために探してしまう。つまり、この英文自体が不自然。せめてa dogをthe dogにすれば、なんとか解釈できるレベルだそうな。

 1月14日はTOEICとだだかぶりだから今月の27日に愛媛である方に出ようかな、とか考えていた明屋書店説明会。今愛媛に単身赴任をしている父親と連絡をとり、宿は確保できたかなあ、なんて感じでリクナビから参加を表明しようとしたら、満員。Oh, shit!遅すぎたか。だが、この目に映った情報はそれだけではなく、大分会場の横にも満員の2文字。さらにその下には、これまでは存在しなかった大分会場第2部の情報。愛媛の方はもう残り数日だから無理だけど、大分は時間たっぷりあるから会社のスケジュールが組み直せたご様子で、13時スタートの前に、10時30分スタートの会が新しく現れた。ただ、会が1時間で終わったとしても、11時30分終了。12時20分までにはTOEICの会場に入らなくてはいけない。会場までは電車で3駅、さらにそこから直通ではあるがバスで幾許。難しそうだ。なんてこったい。

 ご飯の材料は買っていたが、晩はジョイフルで済ませた。まあ、明日から引きこもり生活が始まるから食べ物はたくさんある方が良いわな。

2006/12/21 (Thu) 2006年12月21日(木) 怖いもの:権力のある天然。
 仮眠のつもりだった昨夜21時ごろの睡眠からはや13時間。途中で何度か目が覚めたりもしたが、寝続けた。起きたら、1件のメールと4件の不在着信。どれもs木男爵から。改めて連絡をしてみると、どうやら今日はk谷男爵と大分市内へおでかけだったようで、誘ってくれてたらしい。暇だったし、お腹も空いていたので、遅ればせながら参上。2人とも、グッチや、自分の知らないブランドの何かを買っていた。もうクリスマスだ。もうクリスマスだ。ちらっと街を歩いて、お昼を食べて帰宅。2人は3限目の補講があるらしいので、おわかれ。

 一旦家に帰り、また家出。14時40分からの補講に出席するために。30分ぐらいに教室の前に着いたが、明らかにまだ授業が終わっておらず、結局40分過ぎるまで続いていた。さすがu田先生ですこと。さらに、それから10分の休憩を取っても、先生は中国人留学生の3人組とずっと話をしており、4限目が始まったのは15時10分ごろから。授業内容は、冬休み中にするディクテーションの題材を録音するだけ。こんなの授業だなんて言えない。

 放課してから、s木男爵が、バイトの時間までうちに寄っていた。そして、そのバイトが終わってからもまたうちに来ていた。そのまま日付け変更。

2006/12/20 (Wed) 2006年12月20日(水) 勉強したらばかになる。
 昨日の反動か、8時に起床。20分ほど二度寝をし、寒さで再起床。コンビニでパンとキャラメルミルクティを購入して学校へ。13本目。

 1限目の日・英(米)比較文化論では、ブレナンが、イギリスの政治のことについて語った。配られた紙にいろいろとメモをして提出した。この出席代わりの提出はいつものことなのだが、イギリスはおろか日本の政治についても無知な自分にとって、今回の話(保守党、労働党、自由党それぞれの成り立ちやシステムなど)は結構面白かったので、できれば提出せずに持って帰りたかった。どうせ読まないんだろうし。
 2限目は英語科教育法。h本男爵の模擬授業。リハーサルをより授業っぽくした感じで、良い雰囲気。ただ、文法解説に関して若干の疑問点が。不定詞に関してのことなのだが、to以下を隠したら文として成り立たないのが名詞的用法。これはよくわかる。だが、残りの形容詞的用法と副詞的用法の違いがなあ。もちろん訳した時に不定詞の部分が名詞を修飾しているか動詞を修飾しているかで見分けるということはわかるが、その訳し方が気になる。
 例えばI have a book to read.これは昨日のリハーサルの時に出た形容詞的用法の例文だが、「読むための本を買った」とするか「読むために本を買った」とするか。どっちでもいけそうな気がしてならない。そこで自分なりに調べた結果が、自動詞と他動詞の違い。readを自動詞として扱い、to readのままなら形容詞的用法。readを他動詞として扱い、to read itとすれば副詞的用法。先生に聞いたわけではないので正しいのかどうかはわからないが、ここぐらいしか区別する点がないような気がする。で、ここまでが昨日の話。
 今日の授業では、I look for a dog to feed.という文が出てきた。そしてこれは「私は餌を与えるための犬を探した」と訳され、形容詞的用法の例文である、とカテゴライズされた。文法的には正しいのかもしれないが、昨日浮かんだ自分の考え方に基づき、feedを自動詞として取ると、そこには食べさせるという意味はなく、食べるという意味しかなくなるわけで、「食べるための犬を探した」という戦後の広島か北朝鮮でしか使わないような文になってしまう。そもそも、餌を与えるための犬、という表現に違和感があり過ぎてしょうがない。餌を与えなくていい犬はロボット犬ぐらいだ。feedするためのdogをlook forしたんではなく、feedするためにdogをlook forするんだから、この文に関してはI look for a dog to feed her.であってもらいたいのだが。文法があってれば良いんでしょうか、u田先生。修飾という字が書けずにごまかしたu田先生。
 お昼は、おでんとデザートを食べた。
グルド!リクーム!バータ!ムース!ギニュー!九州の給食 ムース。
 これは何日か前からコンビニにあって気になっていたもの。九州出身じゃあないので、「わあ、懐かしいなあ」なんて感じにはならなかったが、とてもおいしそうでたまらんかった。食感はムースというよりはもっとプルプルしていて、ミルクプリンのようだったが、ミルクプリン大好きな自分にとっては至極の逸品だった。載せるために写真を見直してみたら、箱の女の子と容器の蓋の女の子の顔が違いすぎて怖いことに気付いた。羊頭狗肉か。105円だし。
 お昼を食べ終わってから、m原男爵の授業。there is/areを使って広島の紹介をした。宮島にゃあ鹿がよーけえおるけぇ気ぃ付けんとあっちゅう間に弁当食べられてしまうんよ。って。授業後u田先生の総評があって、おしまい。帰宅。

2006/12/19 (Tue) 2006年12月19日(火) 袋を空けたらさがとよのか。
 特にたくさん寝たわけではないが、6時に起きた。しかも、結構気分の良い目覚め。深夜更新のサイトを巡回したり、ようつべで音楽を聞いたり。

 8時10分ごろに家を出た。昨夜、s木男爵から、明日一緒に行こう、という内容のメールが来たので、迎えに行ったが、メールをしても電話をしても出てこない。徹夜するっぽいことも言っていたが、きっと寝てしまったのだろう。一度寝たら起きないのが彼のチャームポイントらしいので、放置。コンビニでイチゴメロンパン(どっちやねん)とキャラメルミルクティを買った。12本目。

 今日の補講は1限目の英・米文学概論のみ。90分かけて、4,5個の文を読み解く。話の脱線多いよ先生。ハワイに12回行った自慢はもういいよ先生。しかも数ヶ月前からネタの使い回しもいいところだよ先生。バス停で女の人に傘で刺されるもステッキで応戦した話は3回目だよ先生。寝てる人と起きてる人が違うせいで毎回笑いが起きてるからって調子乗ってちゃだめだよ先生。真面目に授業受けてる人間が損をする世の中だよ先生。
 やっと授業が終わり、次は明日模擬授業があるh本男爵のリハーサル。テーマは不定詞。ノープランがモットーの彼は、勢いで授業を展開。ドラマの中学校教師にありそうな感じだった。

 昼には終わり、スーパーで食材を買って帰ったあと、再び外出。目的地は学校。家より速度の速いパソコンで、就活と調べもの。しかし、ほんとリクナビ以外はだめだな。書籍の専門店で絞ってどうして本屋がゼロで電器屋やスーパーばっかり出てくんの。お呼びじゃねえよ。
 ある程度用事が済んだところで、今だ、と言わんばかりにようつべで『The World of GOLDEN EGGS』を見る。見まくる。家でこれだけの量を見ようとしたら、数日はかかるだろうな。速いって、素晴らしい。速いって、正義だ。
 18時ぐらいに帰った。もう外は真っ暗。

2006/12/18 (Mon) 2006年12月18日(月) 後悔を公開。
 テンプレートを変更。事の発端はある一件の苦情から。その時はまだ、その人の表示設定が変になってしまっているんだと高を括っていた。だって自分のとこじゃあちゃんと表示されているんだもん。ところが、他の人からもまったく同じ苦情が届いた。まさかと思ってIEで確認してみると、その苦情内容通りの障害発生。しゃあないので、変更。そのためにいろいろ見てみると、どうやら、前のテンプレの作者側に何かがあった様子。と言うのも、その人の作ったやつ全部がいかれぽんち。この人のテンプレ気に入ってたんだけどなあ。残念だ。

 前日はしっかり寝たので、全然眠たくならなかった。さらに、晩ご飯は食べたものの、朝と昼は寝ていて食べていなかったので、お腹が空いた。3時ごろ、我慢できなくなり、ローソンへお買い物。地面はビチャビチャだったが、雨は止んでいた。最近、少し晴れ男化の傾向にあると思う。友人宅へ遊びに行く際は、その家を出たら、地面は濡れていないけど雨は降っていない、という状態になることが多くなった。単にメンバーの中に自分の雨男ぶりを消すほどの晴れ女・男がいるだけかもしれないが。ローソンでは、パンと、キャラメルミルクティを買った。10本目。2桁に到達。
 帰ってからは、ようつべを見つつ、ダウンロード中は過去に見て気に入り保存したのを見ていた。良いものは何度見ても良い。
 8時30分過ぎに寝た。

 起きたのは、13時前。先週の土曜から始まった補講は、今日は5限目のみ。のんびりと支度をし、家を出た。授業までは時間がたっぷりあったが、お腹が空いていたので仕方が無い。コンビニで雑誌を読みふけったあと、カレーとキャラメルミルクティを購入。11本目。がらんとした学生ホールで遅めの昼食を取り、英文を訳したり、それに飽きて本を読んだり。まだ『ZOKU』を読んでいる。のんびりペース。48ページほど読んだところで、「しかし、既にロミ・品川はババロアみたいに軟化していた」という表現にぶち当たり、思わず吹いてしまいそうになった。面白いので、これ以上先には進めない。今日はここまで。
 16時20分から5限目の読書と豊かな人間性。今日は、羅生門や灰谷氏の文を読んで、それに関するものを少し書いておしまい。1時間ぐらいで終わった。ナイス先生。

 帰って、メールを確認したら、TOEICから一通。なにやら、自分は第127回のテストを申し込む時にネットで点数を確認できるようにしていたらしく、結果発送一週間前の今日から公開なんだそうな。六分の欲求と四分の恐怖に苛まれながらクリック。
up and down.
 はい、500点。11月25日の日記で、「今回実力で500点、運が良ければ600点」なんて書いていたが、ちょうど500点。ただ、ショックなのが、リーディングの点数の落ちよう。前は200あったのになあ。出題形式変更の影響か、己の慢心か。苦手意識のあった間違い探しは実は苦手じゃあなかったのか、はたまた今回は時間内に最後までいくことを意識し過ぎたのか(結局最後までいけなかったし…)。うぅーむ。要勉強。

2006/12/17 (Sun) 2006年12月17日(日) だめだなあPOOHは。
 3時前ぐらいになると、s城女史がおねむのようで、さらにさすがに自分にも眠気がやってきたので、解散となった。国文の両女史をお送りし、帰宅。寝る準備をして、日記を書こうとするも断念。すぐに寝た。

 目が覚めると、14時30分。ああ、よく寝た。

 なんだか、右肩が痛い…っつーか、だるい。すごく重たい感じ。どうしてしまったのだろう。頑張れ、肩。と言うことで、20時ぐらいから、日付けが変わるまで寝ていた。寝っぱなしの一日。

2006/12/16 (Sat) 2006年12月16日(土) 飲み、学会挟んで飲み。
 1時から、バイトを終えたs木男爵と共にドンキへ行き、酒とつまみと食べ物を購入。帰還し、k谷男爵宅へ。そう、また飲みだ。メンバーは、上記に閣下を加えた4人。いつもの。1リットルぐらいの酒とライターやコンロの火で炙ったするめなどを摂取しつつ、64のマリオカートやスマブラをした。途中、深夜に、まずk谷男爵がダウン。続いて7時前、閣下が眠いと言い残して帰って行った。残されたのはs木男爵と自分。今から寝たら確実に授業に間に合わない、ということで、自分の家へ移動し時間を潰すことに。しかし、学校へ出る数十分前、とうとう力尽きた自分。s木男爵のおかげでなんとか生き返ることができ、学校へと向かった。やはり、2限目からとはいえ、午前中に授業のある日の前日の夜を徹するのはリスクが大きい。今度からはもうちょっと考えて計画を練ろう。

 2限目の英語学概論。午後からの英文学会に出席できなくて悲しいのか、急にその学会の予行練習を始めだしたm先生。とぼけたふりして意外と己を通す先生。
 お昼は学会の会場へ先回りしてご飯。カレーを食べた。お供はもちろんキャラメルミルクティ。9本目。お腹は空いていたが、食欲が揮わなかったので、割と残した。そして13時、着々と会場に学生が入ってくる。一箇所に集まっていた自分たちも、それぞれ割り振られている席に着き、開始を待つ。13時30分、学会開始である。その合図は、自分の声だ。「ただいまより」の「ただ」あたりまで言った瞬間に軽くざわめいていた会場がすっと静かになる様が結構気持ち良かった。u田の話、留学組の話、ブレナンが病欠になったせいで急遽グリフィスにその代役をしてもらった対談、そのままグリフィスの話。16時終了予定だったが、対談の時間が大幅カットになったので、15時過ぎには解散になった。司会という立場で携わる学会は、これまでとは少し違ったもので、それなりに良い体験になった。
 学会が終わってからは、i城男爵の電車が来るまで、学生ホールでi城男爵、m尾男爵、自分の3人で話をしていた。i城男爵がお帰りになられてからは、先日の尾行のお返しと言わんばかりにm尾男爵の家へ押しかけた。初めて行った彼の家は、自分の通学路の途中で、毎日のように見ていた建物だった。びっくりだ。部屋の中はとてもすっきりしており、素敵な大学生の一人暮らし、といった感じで、居心地が良かった。留学中の写真をたくさん見せていただいた。まさにヨーロッパな街並み、見るからにU.S.A.な街並み、みんなの満面の笑み。こういう写真を見るたびに、少し、留学しとけばよかったかな、という思いが芽生える。北欧かイタリアあたりは、いつかは旅行してみたいもんだ。

 18時前になったので、男爵の家をあとにした。そしてそのままs城女史の家へ…行く途中で買出し指令が届いたのでコンビニにとんぼ返りしてまたs城女史の家へ。今日は、総合演習のメンバーで打ち合わせ、と称した飲み。大学生の一人暮らしとは思えないような立派な家に到着し、しばらく待つと、m永女史とm田女史も到着。しばしお話をして、みんなでお買い物へ。ほっかほっか亭でご飯を買って、コンビニでお酒とお菓子とデザートを購入、ついでに資料をコピー。家へ戻って宴会スタート。こちらでも留学写真を見せてもらったり、音楽の話や映画の話や昔の話や言語の話やプーさんの話や…。あっと言う間に翌日へ。

2006/12/15 (Fri) 2006年12月15日(金) 普通の授業はおしまい。
 7時に一旦目を覚まし、自分を信じて二度寝。8時に起きれた。ヒーターをつけても冷え切ったままの部屋の中でスーツに着替え、家を出る。今日は、ポプラ(コンビニ)ではなく、ローソンに寄ってキャラメルミルクティとピザまんを購入。8本目。学生ホールでまんを食べ、図書館内の教室へ。

 1限目は、レファレンスサービス演習。先週出された課題を提出したものの、また似たような、むしろもっと高難易度な課題が出た。早めに済ませておかなければ、冬休みに入ってしまい課題のことを忘れそうだ。補講期間中に蹴散らしておこう。
 2限目は、道徳教育の研究。板書をノートに写しながら、ただ時間が過ぎるのを待つ。
 お昼は久しぶりに学食横の弁当屋の305円弁当を食べた。おいしかった。
 3限目の英・米文学演習は休講なので、m原男爵の模擬授業リハーサルに出た。今回は放課後ではないので、暇を持て余した非教職組も参加し、わやになった。まさに授業崩壊。自分も、m尾男爵と福岡の方言で遊んでいた。ごめんよ男爵。
 4限目の英・米文学作品研究は、相変わらずの手首運動。しかし、毎時間ずつ、若干ながら、楽になってきている。と言うのも、手前味噌ではあるが、己の英文読解力は進歩しているらしく、以前よりは初見の英文を訳せる率が上がってきているのだ。やはり学習とは、それなりにすればそれなりのものが返ってくるらしい。頑張ればもっと良いものが返ってくるんだろうけど、残念ながらまだそこまで欲が出ていない。
 5限目の事前指導では、別府市の教育に関わる人が講師としてやってこられた。内容は、授業よりは楽しかったが、いかんせん講師の方の喋り方と声が眠気を誘う。まあ寝たら即不可になるっぽいから寝ないけど。

 帰ってから、先日s城女史に貰った土産返しを食べた。熊本名物陣太鼓。
甘旨!陣太鼓。
 いつか前、まだ未成年だった頃、一度だけ食べたことがあった。とてもおいしかったと記憶している。いざ、食。甘い! うまい! あまうま! 4つほどいただいていたのを、一気に全部食べてしまった。ところで、自分は、こういうお菓子を、少しづつ食べることができない。食べない時はまったく手をつけず、食べだしたら最後までいってしまうのだ。もっとのんびり味を楽しめるようにならなくてはな。

2006/12/14 (Thu) 2006年12月14日(木) 杏仁との再会。
 9時ぐらいに目を覚まし、30分ぐらいに起きて支度をして、登校。一旦家に立ち寄り、いらないものを置いているものを取って、登校再開。コンビニでキャラメルミルクティ。7本目。

 2限目は文学。いつものみんなと後ろの方でお話。福岡土産の博多ポテトがs城女史からt原女史に回っており、さらに自分がセブンの杏仁好きという情報も出回ったのが幸いし、大分県内で珍しくもセブンがある中津住まいのt原女史がその杏仁を買ってきてくれた。広島では専ら青いパッケージのつるりん杏仁を食べていたので、今回頂いたとろりん杏仁は、新鮮な食感と久しぶりの甘みが2倍の幸せを届けてくれた。ごちそうさま。ありがとう。
 お昼は、これまたいつもの4人でジョイQへ。カルボナーラスパゲティを食べた。もうちょっと量が欲しかったが、おいしかった。
 3限目は資料組織演習。普通に受けた。
 4限目はL.L.英会話。ディクテーションは前回で終了していたので、何をするのだろうか、と思っていたら、自慢話などで90分。「日本の銀行の利子は天文学なみに少ない」なんて、教授という肩書きを疑ってしまうような言葉遣いを揶揄しながら過ごした。

 帰ってから、日記を書いたりバトンを消化したりネットでいろいろ見たり。先週末からずっとイベント続きで遊びっぱなしだったので、静けさにのんびりしつつもちょっと退屈を感じた。こんな時は、そう、ジョジョを読むに限る。第3部の最終決戦のところ。ジョジョは良い。熱く、熱く、熱く滾る魂。素敵。

 当日に会社説明会があるということで学会の司会を譲ってくれたy村女史だが、なんと、その説明会が定員オーバーで参加見送りになり、学会に出れるようになったそうな。でも、打ち合わせに出席したのは自分だから、司会はやっぱりそのまま自分なんだそうな。y村女史には他の仕事が任されたとはいえ、なんじゃこりゃw

2006/12/14 (Thu) 夢?バトン。
 数日前に貰ったのはいいものの、なかなか夢が見れずに回答不能な日々が続いたが、やっと見れたのでレッツバトン。


1、小さいころ何になりたかった?
 バク転のできる人。

2、1の夢はかないましたか?
 ええ、おかげさまで。
 動かない毎日のせいでだんだんとへたくそになってるけど。

3、現在の夢は?
 急にバク転しても手首とか痛くならない人になりたい。

4、宝くじで3億円当たったらどうしますか(熱く語って下さい)
 おれは!絶対に!仕事をやめたりはせず!それまでの毎日を!少し上等に過ごせるように!ちびちびと使っていく!

5、あなたにとっての夢のような世界とはどんなものですか?
 好きな人と好きなことを好きなだけできる世界。

6、昨晩見た夢は何ですか?
 先生やってた。いや、実習生か。うしろに偉そうな人がずらりと並んでいたから研究授業だったんだろうね。でも、その人たちの顔も、生徒の顔も、何を教えていたのかも覚えておらず。ただ、授業をしていた、ということだけしか記憶になし。

7、この人の夢の話を聞いてみたい!という相手5人は?
 つ⌒(二二二O

2006/12/13 (Wed) 2006年12月13日(水) ドンキー狩りに行こうよ。
 1時前ぐらいにs木男爵のバイトが終わったので、それからローソンに集合して、酒と食べ物(自分は、甘いのを1リットル分と、パイの実とカール)を買って、k谷男爵宅へ。今回の参加者は、上記の2名+閣下、n坂男爵、自分の5人。n坂男爵と学校以外でなんかするのは初めてかもしれない。早速酒を開け、k谷男爵宅といえば64、という具合でマリオカートをした。バトル、レースでそれぞれs木、k谷男爵が強さを披露。全然勝てん。まあ、これは地元のんとやっても同じ…と言うより、爆弾車が故意的に消されない点では地元より優しい。途中で、n坂男爵が、用事があるからということでお帰りになられた。その後、スマブラの時間。自分の時間。hがいないだけでこうも楽に闘えるのだな。3対1(1が自分)でも勝てるぐらいだった。久しぶりのスマブラはとても楽しかった。一段落ついたところで、k谷男爵がダウン、爆睡。3人になったので、トランプで遊んだ。気が付けば8時前。閣下と自分にも眠気が出てきたので、k谷男爵をそのままに、k谷男爵宅をあとにした。小雨の降る中朝陽を浴びつつ帰宅し、お風呂に入って即就寝。

 13時ぐらいに起きて、支度をして学校へ。本当は何かの入試の日で終日休講なのだが、なぜか英文学会の打ち合わせが開催され、司会と発表者は登校せざるを得なかった。コンビニでしっかりキャラメルミルクティを購入。6本目。打ち合わせは14時からという予定だったが、共に司会をするm原女史と自分以外は、先生も含め、14時過ぎにぞろぞろと集合。どういう仕事を任せられるのかまったく知らなかったので聞いてみたら、自分が、開会と休憩前後のブログラムをマイクで喋ることに。この日は淡々と言ったが、当日は緊張するんだろうな。全体の流れを通しで練習して、終わり。

 解散後、i城男爵、m尾男爵、m江男爵と、サフラン(食べ物屋)へ。ハンバーグサンドを食べた。おいしかった。ところでこのサフラン、牛丼なんかは270円ぐらいで安いのに、なんとかサラダが680円ぐらいもするってどうなん。値段設定おかしいよ。
 ご飯を食べ終わって、帰宅。途中で3人とはお別れしたつもりだったのに、家に帰って一息つこうとしたら来客の音。ドアの向こうには、m尾男爵とm江男爵がおられた。尾行されていたらしい。まったく気付かなかった。突然の来訪は予定になかったので、片付けてない汚らしい部屋へ招き入れ、おしゃべりしたりおしゃべりしたり。18時ぐらいに、お二人はお帰りになられた。

 一人になったので、日記を書こうとしたら、携帯が鳴った。呼び出しである。荷物をまとめ、別府まで行き、ジョイフルでご飯を食べて、おうちにお邪魔して、お話したりしていたが、睡眠時間が足りなかったせいで、22時30分ぐらいにダウン。そのまま寝続けた。

2006/12/12 (Tue) 2006年12月12日(火) 担当の兄さん超フレンドリー。
 一応8時に目を覚ましたのだが、一瞬心に過ぎった「ま、いっか」のせいで、気が付いたら8時45分。急いで支度をして学校へ。コンビニに寄る暇がなく、朝キャラメルミルクティをゲットできず。無念。

 1限目の英・米文学概論では、眠たいのを我慢しながら映画『風と共に去りぬ』の前編の途中から最後までを見た。もう3度目ぐらいかな。いい加減どうにかしてもらいたいもんだ。あと、先生に、昨日提案された司会代行の件を話したら、思った通り、簡単に承諾された。うん、決定。
 2限目の教育方法論では、授業での基本的な指導方法を学習。教師の生徒への問いかけに関する話は、なるほどな、と思った。教育実習のためにも覚えておこう。s城女史に、もみじ饅頭&博多ポテトのお土産のお返しということで、甘そうなものを貰った。まだ袋を開けていないので何かはわからないが、楽しみ。ありがとう。
 朝何も食べておらずお腹が空いていたので、お昼は、コンビニのカレーを食べた。あと、ちゃんとキャラメルミルクティを買った。5本目。昼から飲むキャラメルミルクティもまた格別。うまい。3限目が始まる15分前ぐらいに、学会担当のk野先生の所へ行ったが、いなかったので、y野先生へ代行報告。手ぶらの時は階段をテンポ良くのぼりたい自分なので、建物の4階まで駆け上がったら、カレーをvomitしてしまいそうになった。もう、身体は若くないんだな。
 3限目の英会話では、指名されて答えさせられたが、ちゃんと乗り切った。あとはいつも通り。

 授業が終わってから、i城男爵と、k谷男爵とでしばらく学校に残り話をし、電車が来る頃に帰った。
 一旦家に帰ってから、髪を切りに行った。今回は、あまり長さは変えずに、軽くする感じ。だって、切り過ぎたら寒いし、バッサリいくなら面接ラッシュ前かな、と思うんで。

 今日は、12月12日。はい、wedaくん、y村女史、お誕生日おめでとうございます。実りある人生をお楽しみください。

2006/12/11 (Mon) 2006年12月11日(月) ファンタにわたがし入れたらすっげえ勢いで溶ける。
 久しぶりに三度寝ぐらいして、8時30分ぐらいに起きた。やや急いで支度をして出発。コンビニで、メロンパンとキャラメルミルクティを買った。週末は飲み物を買う機会がなく、連荘がストップしてしまったが、今日からまた確変突入。4本目。

 1限目の教育相談論では、ビネーやウェクスラーの知能検査や、YGテストやNEO、クレペリン検査にロールシャッハ・テストといった性格検査の話。個人的にこういうのは好きなので、ふむふむと聞いていた。
 2限目の英語学演習では、先週テキストが終わったので、ずっと先生が話をしていた。個人的にどうでもいい話が多かったので、むにむにと聞いていた。
 お昼は、メロンパンの残りと小さなコンビニ弁当を食べた。お釣りで貰った10円玉が見事に錆びてきちゃなかったので、掌をコピーした。ホラー映画のポスターのようで、気持ち悪い。s城女史に、福岡土産その1の博多ポテトを差し上げた。おこぼれが回ったみんなにも喜んでもらえた。そして、まだ自分が食べたことがないということを暴露したら、1つ貰えた。やった。
 3限目の英語学特講は、授業を少し聞いて、ほとんど聞かなかった。この時間が終わってから、缶チューハイを1缶ほど、ほぼ一気に飲み干した。真昼間から、学校で、しかも無料で飲める酒はうまいな。
 4限目の総合演習、今日は4班の授業。テーマは飲酒運転について。そう、自分は実験台。しかし、授業前の確認ではしっかり反応したアルコール測定器だったが、本番ではものの見事に黙りこくって、残念ながら飲み損となってしまった。アルコール出せなくてごめんよ。今回で、とうとう、自分たち以外の班の授業がおしまい。来月15日には我ら1班の出番だ。そろそろ授業構成練って指導案を作ったりしなくてはな。ということで、メンバーのm野女史、m永女史、s城女史と自分で、早速今日集まることに。5限のないs城女史とはいったんお別れ。
 その前に5限、読書と豊かな人間性。まあ、いつも通り。授業が終わったあと、お腹を空かせていたm永女史と博多ポテトを半分こして食べた。とてもおいしかった。紫芋味の方も気になるな。次福岡に行く時でお金に余裕がある時は、自分のために買おうかな。授業が終わって学校内を移動していたら、ひょんなところでm尾男爵に出会った。なので、今日は同じ授業がないから明日渡そうと思っていた福岡土産その2のひよ子を差し上げた。ひよ子欲しい、ってのは実は冗談的に言っていたらしく、たいそう驚かれていたが、喜んでもらえたので良かった。あと、いちいち持って帰ってはまた持って行く手間が省けたのも良かった。丁度良いとはまさにこのこと。

 下宿にご飯があるm野女史ともいったんお別れし、m永女史の車でm永女史と共にジョイフルへご飯を食べに行った。このジョイフルでの会話で、m永女史との共通点が多々見つかった。特に、食に関するものでは、片方が「○○が好き」と言うともう片方がうんうんと唸る具合で、凄まじいぐらいの一致ぶり。それに、戦国がお好きなようで、そのことについて自分より知識をお持ちの女性には初めて出会った。あと、F1への興味も多く、こちらは閣下やk谷男爵のテリトリー。
 ご飯を食べたのち、お別れしていたm野女史とs城女史を迎えに行き、お酒とお菓子を買出しに行き、m永女史のおうちへ。飲みつつ、食べつつ、話しつつ、授業の準備しつつ、飲みつつ、食べつつ、話しつつ、といった感じ。とても楽しかった。日付けが変わる頃にm永女史がお疲れのようでおねむだったので、25時前ぐらいに、片付けや皿洗いをして、帰った。

 晩ご飯を食べる前ぐらいに、y村女史からお電話があった。内容は、16日の土曜日に開催される英文学会に関することで、例年司会を務められていたy村女史一行ではあるが、今年は、見事当日に会社説明会が重なってしまったらしく、その司会業の白羽の矢が、自分に刺さったのだ。先生には明日伝えるらしいが、恐らく許可され、お仕事をすることになるだろう。まあ、何事も経験。任されたら楽しんでみようと思う。

 2年のいつごろかから使っていたクリアケースの蝶番的な部分が、綺麗に割れた。まだクリアケースとしての機能は果たしているが、そろそろ買い換えねば。まあ、若干小さいと感じていたので、良い機会かも。近々購買か文房具屋さんへ行こう。

2006/12/10 (Sun) 2006年12月10日(日) 出席番号4thの日記は、旅日記! ②
 死んだように眠っていたら、りっくんの携帯から流れる爆音で起こしていただいた。なんと、既に12時過ぎ。泊めていただいているだけでも迷惑なのに、寝過ぎだ自分。
 チョコパンやリンゴ、コーンスープといった素敵な朝・昼ご飯を頂き、やっと目が覚めてきた。

 スマップのライブを見ながらペンライトを振り回したり、例のアリスの初めの部分をやらせてもらったりしたら、ちゃんと頭が機能し出したので、お着替えしてお出かけ。
 今日は、りっくんの通う学校へ。ちなみに、この学校のHPからはりっくんの写真とコメントが見れるので、りっくんを知っている人は探してみるといいかも。自分は、もう見つけた。見覚えのある帽子をかぶっていた。
 おうちから歩いて数十分、見えてきましたきゅーさんだーい。

きゅーさん。

 正面に見えまするツインタワーが1号館。あと8号館と図書館と美術館ぐらいは覚えた。
 これだよー。これなんだよー。大学って、こういうのを言うんだよー。初心者は迷子になるぐらい広くないと“大”学とは言えないよなあ。広がれ!別大。残念ながらりっくんの研究室には入れなかったけど、なんだか大学生になれたようで嬉しかった。

 だんだん太陽も沈んできたので、香椎の駅まで歩いた。そして、駅ビルをくねくねして、博多までの快速電車に。りっくんとは、ここでお別れ。楽しい週末をありがとーう。
 博多に着いてから、特急が出るまでちょっと時間があったので、学校の人たちにお土産を買った。博多ポテト(紫芋バージョンがあった!)とひよ子。両方ともいっちゃん小さいサイズだから、自分のはないかもしれない。ひよ子はこういうお菓子の中で1,2を争うぐらい好きだし、博多ポテトはまだ未経験だから食べてみたいのだけれども。
 19時前に、特急到着。何とか座れたけれど、人多過ぎ。知らない人が隣に座るのは嬉しくないのに、博多から別府まで、おっさん→お姉さん→人生経験抱負なお姉さん→おっちゃん、と入れ代わり立ち代り誰かに座られた。座席の中央にある肘掛けは、常にその誰かに占領された。
 2時間ぐらいで別府に到着。そこから普通電車で別大駅まで揺られ、やっと帰宅。しっかり寝たのに、電車のせいでどっと疲れが溜まったようだ。すごく眠たい。日記書き終わったらさっさ寝るかな。

2006/12/10 (Sun) 福岡より愛を込めて。
 とっても良いネット環境に恵まれたので、テンプレートを変更。犬。
 なぜかは、9日の日記を見たらわかるかと。まだ更新してないけど。

 更新したー。

2006/12/09 (Sat) 2006年12月9日(土) 出席番号4thの日記は、旅日記! ①。
 早めに寝たのが幸いし過ぎて、3時30分から1時間刻みに目が覚めた。結局起きたのは5時30分。さすがにモーニングコールはいただけなかったが、起きれたのでよし。1時間ぐらいかけて支度をした。まあ、その半分はヒーターの前でうずくまっていただけだが。

 6時30分ごろ家を出た。まずびっくりしたのが、色。真っ暗。もう冬なんだなあ、と感じた。続いて、人。誰もいない。まあ、これはいつものこと。
 普通電車で別府まで行き、そこから博多行きのソニック(特急)に乗り込んだ。前日買ったパンを頬張りながら、夜が明けていくのをちら見。
 小倉あたりの、駅の横のビルで、おっさんが念入りに髪を七三に分けているのを見た。中学生ぐらいの年齢になったら芽生える心理で、世界は自分を中心に構成されており、自分以外の人間は人間ではなく、自分に自分以外にも人間がいるのだ、と思い込ませるために、自分の人生を彩るためにもっと大きな力に操られている存在、RPGにおけるNPCのようなものだ、というものがあるが、それと似たような考え方をしたら、あのおっさんは、髪を念入りに七三にするその一瞬を自分に見せるために数十年生きてきたのかな、なんて思いに耽ってしまった。頑張れ、おっさん。
 あと、特急に乗ったら、ふと、福岡といえば、りっくんがいるじゃあないか、と頭に浮かんだので、メールを送ってみた。すると、ありがたいことに、説明会の終わる昼過ぎから遊んでいただけることに。さらに、夜はおうちに泊めていただけることに。やったー。

 9時ぐらいに博多に着いた。特に見回ることなく、すぐに地下鉄の駅へ向かい、天神へ導く電車に乗る。この地下鉄のホーム、東京の電車のホームのようなにおいがした。これが都会のにおいなのかな。あと、福岡の地下鉄は、すごく親切だった。とても良い。ディ モールト ベネ。
 数分後天神に到着。いくらか時間があったので、地下街のカフェに入って、キャラメル・ラテを飲んだ。目の前に見える案内所的な施設の上に、ドーナツを穴が2つになるように半分に切ったような形の、白っぽいもんがあった。後からわかったことだが、どうやら、あれが日本一大きなリースなのだそうな。見えないぞ!リースには。

 30分過ぎになったので、目的地の福岡ビルディング、通称福ビルに入った。9階の貸しホールへ行くと、既に10人近くの人が入っていた。自分が入ってから、開始までに、人数は倍ぐらいまで増えた。
 10時から、フタバ図書業界セミナー開始。これは説明会とは別なようなので、ちゃんとセミナーと言わなければいけない。別にペナルティはないが。内容は、現在の書店業界の話からフタバ図書の話、そしてそれに関するビデオを見て、最後に書店業界での仕事説明。文章にしてみたらあっさりとしたものだが、自分への影響は大きく、正直、フタバ図書への就職希望値がグングン上昇した。まあ、こういう集まりに参加したのは初めてだから、他社のに出たらもっとグングンするかもしれないが。もっとグングンすりゃあ別に文句はないけどね。
 セミナーは、予定より少し早く、12時前に終わった。最後に、フタバ図書で使えるクーポン券を貰った。結局福岡では使わなかったし、これからも使わないだろうけど。

 りっくんの授業が終わるのを、地下街ぶらつき方で待ち、それから合流。いつからか、友人に久しぶりに会っても、あまり大きな驚きをするようなことはなくなった。恐らく、ブログなどネットのおかげなんだろうな。今回も1年以上ぶりの再会なのだが、ただ「お久しぶりー」な感じだった。
 まずは腹ごしらえ。福岡といえば、そう、ラーメン。食べないとな。早速近くにある有名なお店に向かってみた。が、雨の中行列。なんてこったい。さすがにそんなのに並んでまで…ってなわけで、何を食べようか、とぶらぶらしていたら、りっくん情報筋から、ナウでホットなインフォメーションがイン。そそくさとそのお店、一風堂へ行ってみると、座れたー。食べたー。替玉も食べたー。おいしかったー。

 ラーメンの器。食べる前に撮影するの忘れたから、食後に一枚。スープ全部飲んでやろうと思ったのだが、油に負けた。いや、おいしいのよ?
全部飲みきれず。

 お腹いっぱいになったので、天神を案内してもらった。クリスマスシーズンということで、街はキラキラと輝いており、また、各所ではイベントが催されていた。

 ピアノ的な楽器を弾くステージを上から撮影。この1枚だけで、天神>大分県、だ。
落ちたら死ぬる。

 また、どこかの建物では、九州各県からアーティストを招いて演奏会をしていた。写真に写っている女の人は、ギターを弾き語り、犬が病気で悲しいな、という歌を歌っていた。
犬の歌。

 街中をぶーらぶーらしたり、マック的なファーストフード店でおいしいチョコレートの冷たいのを食べたりして時間を潰し、暗くなってからまた街に繰り出し今度はイルミネーション探訪。

 昼は
キラー。
 な感じだったツリーも、夜には
キラキラー。
 と、光り輝いており、下でまさに“生”放送されていたラジオに出演していた人にはまったく興味が湧かなかった。

 こちらは、警固公園。悪いことが絶対にできなさそうな公園。メインのツリー&水上宮殿
中通れる。
 の他にも、サンタ
グリーン・サンタがいるらしい。
 や汽車
左斜め前から撮った方が良かったかも。
 など、綺麗なオブジェがあたり一面に。定期的にシャボン玉を噴出す装置があったが、風雨のせいでどこかへ飛んでってしまっていた。

 続いて、旅行雑誌で一番綺麗と噂のキャナルシティ。人生2度目の訪問。入り口からして
キラリンキラリン。
 と目を楽しませてくれ、さらに子どもたちのためのスペースには
こっちも通れる。
 こんな綺麗な街並みが。そして
流れるような光。
 天の川のような光に導かれた先には
くらげちゃうよー。
 巨大なくらげと
ドォォオオオン。
 巨大なツリーと
とがってる。
 逃げるはなわ(真ん中のオレンジの服着てる人)。

 いやあ、もう世間はクリスマス一色ですなあ。おいちゃん目がチカチカするよ。ってなわけで、晩ご飯を食べに。ここからはりっくんのご家族とも合流して、焼き鳥のお店へ。おいしかった。楽しかった。自分ちの家族とご飯食べてもこんなに笑うことないよなあ。家族団欒って、こういうのを言うんだろうなあ。素敵なディナータイムだった。

 りっくんちにお邪魔してからは、堅苦しいスーツからも解放され、のんびりと過ごさせていただいた。高校卒業以来りっくんに会いたがっている子に電話をしてその反応を楽しんだり、アイスを食べたり、パソコン借りてブログのデザイン変えたりして、25時か26時か、忘れたけど、そんくらいに寝た。濃い一日。素敵な一日。楽しかった。

2006/12/08 (Fri) 2006年12月8日(金) thatの用法7変化。
 明日の朝は早い。が、遠足前日の小学生病が発症してしまうとまずいので、夜になると自動的に眠たくなるように、2時前まで起きてから寝た。そして、8時起床。6時間睡眠。…眠たい。どうやら、自分は、6時間でも足りないようだ。これからのエントリーシートに書く己の短所は、8時間寝ないと力が出ない、にしようかな。
 10分ぐらいで身支度を済ませ、家を出た。コンビニでは、もちろんキャラメルミルクティを買った。3本目。あと、肉まんも買って食べた。いつもより熱かった。

 1限目のレファレンス演習では、とうとう授業時間だけでは演習項目にまで到達できなかったので、宿題が発生した。めんどくさー。
 2限目の道徳教育の研究はいつも通り。板書が多い授業なので、めでたくルーズリーフが2桁ページになってしまった。あと、先生の戦争体験談は、淡々と死を語るのがちょっと怖かった。
 お昼は、ポプラのではなく、学食横の弁当屋のカレー。350円。ポプラよりも25円ほど高いが、味はこっちんが良い。
 3限目の英・米文学演習は、相変わらず面白かった。普段はボソボソと喋り、2年の時の初めて出会う授業ではいきなり「僕は陰険ですから」なんて語る先生が、文法知識に疎い学生に対し説明するのに、徐々にヒートアップしていく様が楽しくてしゃあない。閣下と笑っていた。
 4限目の英・米文学作品研究は、最後に授業の評価をするアンケートを書く時間が設けられたので、いつもの2/3しか進まなかった。らっきい。

 先週の土曜に実習指導の講演があったので、今日の5限はなし。電車が来るまで1時間弱暇なi城男爵と一緒に学校に残って話をし、時間がきたら駅まで行って、明日使う切符を買った。なにやら、別府 - 福岡市内間には特別な料金の切符があるらしく、往復で6000円で済んだ。えきから時刻表では、片道が6000円弱するという結果だったので、かなり助かる。
 明日はコンビニに行くのがたいぎくなりそうなので、ローソンまで行って雑誌を立ち読んだ。その帰り、銀行でちょっとお金をおろし、スーパーへ。そこでは、s城女史とy田女史に遭遇。一緒にお買い物。とは言っても、今日は料理をする気がないので、明日電車内で食べる朝ご飯用にパンを購入しただけ。だって、今日はパンが2割引の日だから。

 ああ、そうだ。今月もバイトの時期ですよみなさん。仕事はもちろん、モーニングコール。6時っつーのがきりが良くてわかりやすいけど、この季節は支度し終えるまでに時間がかかってしまいそうなので、5時40分前後が希望。1分遅刻するのと1時間前に到着するのじゃあ、後者を選ぶ自分だから。待たされるのはなんも思わんけど、待たせるのは嫌われそうで怖いチキン。それに、今回は予定の電車逃したら参加できるかどうか、というレベルでの問題となってしまうしね。念には念を入れて。

 現在、21時過ぎ。良い感じに眠たくなってきた。これから、布団に潜り込んで、携帯をいじり倒してバッテリーを空にし、充電しながら寝る。明日はちゃんと起きれますように。おやすみ。

2006/12/07 (Thu) 2006年12月7日(木) まじ師走。
 9時に起きた。約12時間の睡眠。すっきり。
 起きたら早速パソコンを起動し、リクナビに接続。フタバ図書の業界セミナーの参加申込のために日程と電話番号を確認し、電凸。お姉さんと数分会話をし、無事12月9日(土)の福岡会場参加が確定した。今週末が、就職“活動”の第一歩となりそうだ。電話を終えたのち、企業から来ていたメッセージを確認。明屋書店から。こちらも、会社説明会が行われるらしい。実は既に12月3日に愛媛の本社で開催されていたが、後日大分でもある、ということだったので、それは見送っていた。んで、日程確認。…1月14日(日)…。TOEICとかぶってるううう。時間も13時からとまったく一緒おおお。なんだよこれ。しかも「当社へ入社を希望される方は、必ずこの会社説明会に参加下さい。」なんて書いてあるし。あーどうしよう。TOEIC受けたいしなあ。山口や愛媛の方に参加するか?幸い締め切りまでには多少猶予があるので、ちょと考え込もう。なんかもう、まじで師走。

 10時過ぎに、家を出た。今日もあったか上着。ずっとあったか上着。ただ、雨が降っていたのが残念。昨日まではそんな雰囲気全然なかったのに。明日、それが無理なら、明後日だけでも晴れてほしい。雨の中スーツで説明会は負担が大きい。学校前のコンビニで買ったのは、もちろんキャラメルミルクティ。2本目。
 2限目は、文学。相変わらず後ろの方で友人たちとおしゃべりをしたり、昨夜殴り書きしたディクテーションの清書をしたり。
 お昼は、i城男爵、k谷男爵、m尾男爵、自分の4人でジョイQへ。ハヤシライスを食べた。てんこ盛りだったし、おいしかった。また、ジョイQに来る学生は、個性的なキャラを持つ人が多く、4人で人間観察をするのが恒例となってきた。人って、面白。
 3限目は、資料組織演習。さすがにNDCの使い方も慣れてきたので、楽。
 4限目は、L.L.英会話。この授業では、毎回誰かが提出したものをモニターに映してそれを校正する形で展開していくのだが、ほんとに、ほぼ毎回と言っていいほど頻繁に、見せしめにしているのかと思うほど、自分のものが使われる。この授業に出ている学生の中じゃあ出席番号が一番小さいからなんかな。嫌んなる。

 明後日の説明会に備えて、いろいろと足掻いた。まずは、行き方。6時42分に出て9時ちょっと前に着く(別府ルート)か、7時21分に出て9時30分ちょっと前に着く(亀川ルート)か。まあ、どっちにしろ、切符は明日中に買っておかないとめんどくさいことになりそうなので、そこに気付けただけでも儲けもん。次に、フタバ図書についての調査。これがいわゆる企業研究ってやつになんのかな。リクナビとフタバのHPを参考に、データを得る。そして、そこから、明後日の質疑応答時にぶつける質問を作成。ところで、こういう質問って、1人何個とか決まってんのかなあ。まあ、何も質問せずにまったく印象に残らないよりは、ちょっとうざいぐらいでも覚えてもらう方がええよね。

2006/12/06 (Wed) 2006年12月6日(水) キャラメルミルクティ、1本。
 8時に起き、早速おにゅーのあったか上着を羽織って出た。あ…あったかい。風に勝てる。上着すげー。体が暖かくなった。
 学校前のコンビニで、これまた早速リプトンのキャラメルミルクティを買った。他のリプトンが置いてあるいわゆるリプトンコーナーじゃあないとこにあったので、一瞬見つけられず、別府だけはみご?みたいな悲しい空気に包まれたが、目線を左上にずらすと、ででん、と3列に渡って陳列してあったので、心が温かくなった。
 会計前に、k野男爵に遭遇。こんな時間に学校に来るとは珍しい。そんな珍しい行動をとった猫大好き男爵への褒美なのか、店を出たら、外のベンチに、大きな猫が居座っていた。ただでさえ高い男爵の声がさらに高まる。一通り撫で回ったあと、彼は店内へ消えて行った。数分後、戻ってきたその手にはチーカマが握られていた。千切って猫の口元にやるが、ペロッと舐めてプイッ。男爵は「そーかそーか、魚肉か」と、また店内へとフェードアウト。お次は真っ赤なビニールに包まれた加工肉を持ってきた。チーカマ同様、千切って猫の口元にやるが、ペロッと舐めることなくプイッ。さすが猫だ。諦めて写真を撮ったあと、教室へ向かった。余ったチーカマ&ソーセージ(未開封のやつ)は、自分が貰った。
 授業が始まるまで時間があるので、我慢しきれず、キャラメルミルクティを飲んだ。ストローを吸うと口腔へ流れ込んでくるその蜜は、さながら枯れ朽ちる木々へ降り注ぐ慈愛の雨のごとく、我が心身を潤した。これだ…これだよ。これがキャラメルミルクティなのだよ。感動した。しかし、酒、煙草、薬と、人に悦びを与えるものは同時にその身体を蝕んでゆく。キャラメルミルクティも同様に、自分のお腹を緩くし始めた。がっつき過ぎたようだ。

 1限目は、ブレナンが、イギリスにおける非白人のことについて語っていた。人口約6000万のうち、8%がnonwhiteらしい。
 2限目は、s城女史による、模擬授業。今回から、授業が終わったあと、それを撮影しているビデオを全員の前で公開し、反省をするらしい。こいつぁ恥ずかしいだろうな。ああ、最初でよかった。
 水曜は3,4限がなく5限がある日なので、帰ってもよかったが、学校に残った。まずは進路情報センターで、今週末の企業説明会のことでの個人的なお話。というのも、昨日メールがきていて、福岡会場での説明会は、9日の土曜で確定、と相成ったのだ。なんで福岡だけ土曜なんだよぅ。うちの学校は土曜も授業あんだよぅ。ってなことで、授業休んでもいいか聞きに。結果、是非行ってこい、とのこと。案外あっさり許可が出た。手術での欠席は考慮されているらしく、出席に関しては問題ないようだ。よし、行こう…。うん、行こう……。
 続いて、学生ホールで、宿題を済ませる。火曜1限に出されたもので、『風と共に去りぬ』の原文を訳す作業。あーめんどくさ。途中で飽きたので、外に出た。目的地は銀行。家賃分のお金おろしとかんとな。ATMの近くまで来たら、坂をi城男爵がのぼってくるのが見えた。そのまま合流。銀行の向かいにあるローソンに寄って、軽く食べ物を買い、学校へ舞い戻る。お話をしていたら、t原女史もやってきた。そして数十分後、彼らは4限があるので、去った。また一人になってしまったので、宿題の続きをした。なんとか終わらせた。
 5限は、いつも通り就活についてのお話。今日は、業界・企業研究のこと。

 家に帰ってからも、あったか上着を着続けていた。これがあれば、当分エアコンはつけずに済みそうだ。
 お風呂から出て、明日提出のディクテーションをした。…なにこれ。普通に難しいんじゃけど。この場合の普通は、歌ってるから難しい、や、ウェールズ訛りだから難しい、という難しさではなく、単に聞き取れない難しさをさす。細かい部分も入れたら8箇所も聞き取れなかった。こんなの久しぶりだ。腐ったか。耳。

 猫。貫禄充分。
「にゃー」とは言わなそう。


2006/12/05 (Tue) 2006年12月5日(火) 久しい市内、久市内。
 夜更かしが過ぎてしまったせいか、7時のアラームにはまったく気付かず、8時の目覚まし時計で起きた。さっさと身支度をして、さっさと学校へ。最近、この「さっさと」のせいで、ひげを剃るのを忘れてしまい、先週からほったらかしになってしまっている。ひげが似合うような人間でもないし、ちょとみっともないなあ。
 コンビニでおむすびを買って、すぐに教室へ。寒かったから飲み物はいらないと思ったのだが、これが運の尽きだったようだ。教室へ入ると、まず最初に目に飛び込んだのが、y村女史の飲んでいるもの。そう、リプトンのキャラメルミルクティ。あーーーーーー。あーーーーーー。あーーーーーー。なぜこんな日に限って飲み物コーナーを見ないんだ自分!ちくしょおおおおおお。明日から毎日キャラメルミルクティだ。あだ名がキャラメルミルクティになるぐらい飲んでやる。

 1,2,3限と、普通に受けた。
 3限が終わってから、閣下のTOEIC料金支払いについて行った。報酬は、ピザまんと、道中で出会ったk女史にもらったみかん。
 支払いが済んでから、閣下と別れたのち、学校へ舞い戻り、15時からの模擬授業リハーサルに出席。今回の先生は、s城女史。授業中に、先生役も生徒役も、英語を学ぶものとしての壁にぶち当たった。k月女史は帰ったらそっこーで調べる、なんておっしゃっておられたが、数人が残る教室の横を通ったy野先生の一言で、それらの壁は脆くも崩れ去った。答えは、「規則だから」。

 リハーサルの終わった16時過ぎ、ローソンでi城男爵と待ち合わせ、駅へ。昨日書いていた通り、あまりにも寒いので上着を買いに行こうと決心したのだが、3限に男爵と話をしている時にそのことを言ったら、リハーサル中ぐらいに男爵からメールが来て、一緒に行くことになったのだ。
 駅に着いても、電車が来るまでしばらく待機。1人なら寒さに打ちひしがれるのみなのだが、2人だと会話で紛れるから嬉しい。電車が来る頃になると、駅のホームから溢れんばかりの人ごみになった。なんとか車内に乗り込んだら、その人ごみの中にk女史とy内女史を発見した。k女史はバイトがあるので別府でお降りになられたが、y内女史は寄寓にも大分に買い物に行くご予定らしかったので、同行することに。
 大分市内に着いて、パルコ前ぐらいで、ご飯を食べる約束をして、男2人と女1人の2班に別れ、別行動をとった。自分たちは古着屋やパルコ内の店をまわった。結局、2人とも古着屋で服を購入。自分は、ポイントカードがあったので、3000円引き。その会計時に貰ったクーポンで、男爵が10%引き。お得お得。それから文房具店やCD屋さんをまわって、royksoopのCDを購入して、買い物終わり!
 連絡を取ってみると、女史もお買い物を終えられたようだったので、合流してご飯を食べに行った。以前男爵が入ったことのあるお店へ。お好み焼きを食べた。大分での初お好み焼きだ。2人はそれぞれ平べったいのを頼んでいたが、自分はどうしても譲れず、そば入りにした。自分は、よっぽどのことが無い限り、食べ物をまずいとは思わない。が、比べる。どうしても、広島のお好みと比べてしまう。そして、店の人にも場の空気にも悪いのはわかってはいるのだが、明らかな上下関係を構築してしまう。圧倒的に広島のんがうまい。っつーか、キャベツがゼロだったので、今日食べたのと広島のを比べるのはおかしいのかもしれない。うん、まあ、あれだ。広島帰ったらお好み食べに行こ。
 それから、マックでちょっとお話をしたりして、帰った。帰りの電車で、ダブルスクールで公務員学校へ行っている閣下に出会った。お疲れのようだった。家には、22時前に着いた。

 以前も書いたような気がするが、自分は、友人とは滅多に買い物に行かない。服となるとなおさらだ。誰かと買い物に行って、さらに服を買うなんて、もはや何年ぶりか、というレベルかもしれない。よっぽど寒さに耐えられなかったのかな。いやあ、それにしても、楽しかった。良い日だった。明日からは毎日のようにこの上着を着て寒さをしのぎつつキャラメルミルクティ飲むぞ。

 まだ日記を書くことに義務感を覚えてないからいいものの、どうも自分は書く時に「さっさと書き上げてしまおう」と考えてしまうようで、その行動をした時には「これ日記に書こう」と思ったことや、「面白いなあ」と思ったことを、つい忘れてしまう。今日だって、あまりの寒さに今期初のマフラーを装着したことや、2限目に配られたプリントにちらっと載っていたヒヨコの実験が面白かったことや、リハーサルの壁の詳細や、お好み焼き屋のテーブルに青海苔確認用手鏡が置いてあったことなどなど、あとから考えたら色々と書きたかったことが思い出される。しかも、推敲をしないので、表現がわかりにくかったり稚拙だったり重複していたり…。まあ、最も忌むべきことは、それに気付いてもめんどくさいからといって直さないことなのだが。

あしあと

     

カレンダ

きじとこめんと

カテゴリ

リンク

じぶん

おかてつ

Author:おかてつ
めがね。
しゃかいじんよねんせい。

けんさく

M.R.ながら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。