--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/04/21 (Fri) 地獄界。
 本日1限の講義は、C.ブロンテの『ジェイン・エア』を読むというもの。読むと言っても、先生が毎回学生にそれぞれ担当する箇所を指示し、学生はその部分を読んで自分なりに要約し、それと要点などなどをノートにまとめて翌週発表するという形態。書いてみれば簡単ですが、1回につき3ページ以上任されます。今回自分は4ページほどでした。洋書と和書とじゃ読むという行為に使う体力が犬と太並に違うので大変ですよ。やらなければいけないことは他にもたくさんあるっていうのに…。ディクテーションとかディクテーションとか…はぁ。
 ところで、本日4月21日というのは、なんの気まぐれかC.ブロンテの誕生日なのです。少々奇妙な何かを感じました。

 さらに奇妙なことに、昨日見たあるページの最後に、この『ジェイン・エア』の1場面が引用されていたんですね。
 そのページは、ここ。
彼の死
 リンクまで貼って紹介したのは、引用部分よりもFlashの方がメインだから。すごく、すごく泣けました。そしてこれを思い出します。
Disappointed Love
 こっちは知ってから結構経つんですが、未だに涙出ますね。まぁ人が死ねば涙が出るのは当然っちゃあ当然ですが。本当の感動ってのは誰も死なずに涙流させる作品だと思います。余談になりますが、この作品がHYの『Song for...』に初めて出会ったもの。どーでーもいーいでーすよ。
 ってことで、感動とは違うのになぜ忘れることができないのかというと、それは自分に大切な人が生きているということのありがたさと大事さを教えてくれるから。会える会えないとかどーでーもいーいでーすよ。って感じになるとかならないとか。結局ならないのかもしれませんがw

 ただ、涙を流してしまうとちょっと落ち込んでしまうのが自分なんですねぇ。そしたら、つい嫌なことを考えてしまいます。例えば、(こっから先愚痴なんで見ない方がいいかもねー)

 あるところにたぬきさんときつねさんがいました。2ひきとも、もりのがっこうのせいとです。
 ときどききつねさんはたぬきさんを
 「いっしょにがっこうにいこうよ」
 と、さそいます。でも、それはけしてまいにちではありません。きつねさんがたぬきさんをさそうひはきまってせんせいがだれかをあててこたえさせるじゅぎょうのあるひなのです。そして、いっしょにがっこうにいくときつねさんはたぬきさんのよこにすわるのでした。いつもはもっとうしろのほうにすわるのに。ふだんははなしもしないのに。
 しかしたぬきさんは、たのみごとをされるとことわれないのでことわりません。
 そしてきょうもまたたのしいがっこうがはじまります。

 みたいな、ね。まぁ、人が何を考えてんのかなんてわかるわけないですし、人の生き方をとやかく言ったり些細なことでも敵を作るかもしれないことをするのはいやなんでこれからもなーんも言わないんでしょうけど。それに、テスト前なんかになったらノートなんてクラスをぐるぐるまわりますし。
 ただ、別に見返りを求めていないとは言っても、当たり前のように言われたり感謝の言葉ももらえなかったりしたらやっぱ楽しくはないですよねー。そして、いつか断ってしまう日が来たその時に、嫌なら最初からすんなって言われるのが怖いですね。
 さぁ、がっつり愚痴ってしまいましたねぇ。学校の人に見られて、こいつ直接言わずに陰でこんなこと考えてんのかよなんて話が広まったらお友達いなくなっちゃうのかなー。

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://okatetsu.blog7.fc2.com/tb.php/218-cce34525

あしあと

     

カレンダ

きじとこめんと

カテゴリ

リンク

じぶん

おかてつ

Author:おかてつ
めがね。
しゃかいじんよねんせい。

けんさく

M.R.ながら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。