--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/07/20 (Thu) 2006年7月20日(木)
 出かけてからは、話をしたりファミレス行ったり話をしたり髪の毛を縛ったり寝たり。体重計を借りて計測してみると、ありがたいことに52.6kg(-1.4kg)まで降下。しかし、体脂肪率は15~17%(毎回結果が違う)と、希望より多めなので、適度な筋トレは継続させる。

 11時過ぎぐらいに起き、寝続けるホスト(職業ではない方の意味)は放っておいて、身支度を整え学校へ出発。

 豪雨でふくらはぎあたりから下をびしょ濡れにしてパソコンの部屋へ。青年心理学及び日英(米)比較文化論の課題を印刷。さらに、o女史にパソコン教室。ついでに日記更新。ここまで。

 ここから。パソコンの部屋に、偶然c女史がやってきて、こんにちは。全員がすること済ませたら退室。彼女らは補講があるらしいので、教室へ。自分は、学生課へ紙を受け取りに。

 その紙は、介護等体験実習の注意事項が書かれたもの。同じ実習先へ行く全員分。16枚。なぜなら、一番最初に行く班の班長が自分だから。紙を受け取り、口頭でいろいろと説明を受けたのち、怒涛のメールラッシュ。まずは女史2人の男爵1人、計3人の別日程班長へ紙配布メール。1男爵は学校にいたので渡し、1女史は5限に補講があるらしいので取りに来てもらい、残り女史は土曜に同じ授業の補講があるのでその時渡すことに。これが済んだら、次は同じ日程のなかなか会えないメンバーに紙配布メール。取りに来てもらう。残り7枚。忙しい。しかも、まだ仕事は残っている。8月に入ったら実習先へよろしくもしもしをしなければならない。面倒くさい。

 これらの業務を済ませ、青年心理学のレポートを提出した頃、中国人留学生の2女史の補講が終わったらしく、学生ホールへ降りてきた。o女史は大分市内在住なのでお帰りになられたが、c女史は現在学校の近くに住んでいるので、居残り。と言うのも、バケツをひっくり返して風呂の栓を抜いて滝のような豪雨。数メートル先が見えなくなるほどの雨。2人で学生ホールに雨宿り。お腹がすいたので、黒蜜きなこのわらび餅を食べた。おいしかった。

 なんとか雨も弱くなってきたが、時刻は19時過ぎ。さらにお腹がすいていたので、帰り道の近くに結構最近オープンした韓国料理の店へ行った。めちゃくちゃ辛かった。当たり前のように汗が出て、涙も出た。しかし、c女史は顔色一つ変えず食べていた。辛いものが好きらしい。ありえない。

 汗もひいたので、帰途についた。c女史の家へお邪魔してプラムを貰った。おいしかった。すると、k女史がバイト先から帰ってきたので2人でお邪魔した。2人は、同じ建物内に住んでいる。お邪魔すると、k女史は和菓子とスイカをくれた。おいしかった。そろそろお腹がいっぱいである。いろいろ見たり話したりしていると、いつの間にか時刻は3時前。帰った。お土産に、バナナを貰った。おいしかった。お腹がいっぱいである。

 家に帰り、お風呂に入り、巡回をし、日記を書いたら、もう4時。寝よう。寝る前にゴミをまとめて出しておかねば。

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://okatetsu.blog7.fc2.com/tb.php/312-0031b466

あしあと

     

カレンダ

きじとこめんと

カテゴリ

リンク

じぶん

おかてつ

Author:おかてつ
めがね。
しゃかいじんよねんせい。

けんさく

M.R.ながら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。