--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/09/05 (Tue) 2006年9月5日(火) 大分→福岡→山口→広島→本屋。
 3時30分過ぎぐらいにお風呂に入った。ラスト風呂。うん、もうほんと最後でいいと思うんだ。

 4時30分過ぎに、買い物へ出かけた。ついでに、ゴミ捨てもしておいた。まだ外は真っ暗だったが、ジョギングをしているおじいちゃんや、徘徊をしているおじいちゃんが見受けられた。雨のおかげで霧がかった夜の道に、車のライトを後ろから浴び浮かび上がる老人の影というのは、それだけで恐怖を感じてしまった。その情景を一言で表すならば、バイオハザード、という言葉がぴったりだと思う。コンビニでは、おむすびを2つとジャンプを買った。小説のような本がなかったのと、スピリッツがなかったのが残念。この際パズル雑誌でも買おうかとも思ったが、面白そうなものがなかったので断念。これで7時間の旅の友は、ジャンプと音楽だけとなった。あとは、寝よう。

 5時。荷物もまとめ(パソコンはまだ)、帰る準備ができた。何度経験しても、帰省の時は忘れ物がないか気になってしょうがない。別に持って帰らなければいけないものはないのに。荷物が少ない部屋だったらこういう心配はせずにすむんだろうな。憧れちゃうよ、シンプルな部屋。

 予定通りの電車に乗ることができた。早速おむすびを1つ食べた。そして、ジャンプを呼んだ。最初の乗換駅である柳ヶ浦に着く頃半読といったところ。柳ヶ浦では、大雨が降っていた。小走りで向かい側の電車に乗る。えきから時刻表の予定ではここで30分程度待つことになっていたが、なぜが2分で発車した。ラッキー。
 ジャンプを読み終わる。今週はアイシールドが熱かった。先週あたりも結構よかったけど、今回のは涙腺を刺激される。努力で才能に勝つ、過去に勝つ。少年漫画らしい真っ直ぐな熱さが胸に響く。また、それが主人公じゃないってのもいいのかもしれない。
 この時間になるまで気付かなかったのだが、そういえばもう夏休み明けの平日なのだ。高校生がどやどやと入ってくる。そして、みんなでお化粧をしていた。化粧というものを自分からしたことがないのでよくわからないのだけれど、あれは誰かに習うのかな。それとも、女性には遺伝子レベルで化粧の仕方が組み込まれていて一定の年齢に達すると自然とできてしまうのだろうか。気になるところだ。
 小倉に着いたら、次の電車までそれなりに待たされた。結局えきから時刻表の予定通りになってしまった。しかし、自然に晒されている柳ヶ浦や宇佐で待たされるよりは断然楽だ。人も少ないし、今度から始発で帰ろうと思った。電車を待っている間に、おむすびをもう1つ食べた。おしまい。
 気がつくと、雨は止んでいた。まあこの先は降っていようが降っていまいが関係ないのだけれど。
 門司から下関に行く途中、電車は一旦電気の呪縛から解放される。電気も消え、モーターの音もなく、惰性でゆっくりと走る。この期間が結構好きだ。なぜかはよくわからない。
 下関でやっときっぷにハンコを貰った。下手したら広島までハンコなしで乗れそうだ。メリットは何もないが。
 徳山あたりまではだまって風景を眺めていたのだけれど、そこを過ぎたぐらいで睡魔に襲われ、岩国あたりまで眠りについた。一旦目が覚めると、頭はすっきりしていた。そのまま西広まで一直線。13時過ぎに到着した。

 家に帰りごはんを食べ、ちょっとのんびりしたのち、出かけた。本屋に行ったのだ。買った本は3冊。『朽ちる散る落ちる』と『赤緑黒白』と『スティール・ボール・ラン』の9巻。荒木はさらに濃くなったな。ルーシー老けちゃったよ。14には見えん。
 そういえば、タイムカプセルの跡地に細長いアパートと言うべきかマンションと言うべきか迷うような建物が建っていた。少し寂しかった。

comment

カイトリオー!!
2006/09/05 23:13 | URL | hana [ 編集 ]

確か初代の無双を買ったのがあそこだったなあ。
2006/09/05 23:24 | URL | おかてつ [ 編集 ]

なつかしいなタイム。たしか、無双2を一緒に買いに行ったような。
2006/09/06 01:57 | URL | ひろ [ 編集 ]

そっかー。2もあそこで買ったんかー。
君は張郃の爪がお気に入りだったね。
2006/09/06 02:23 | URL | おかてつ [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://okatetsu.blog7.fc2.com/tb.php/368-c3ba28de

あしあと

     

カレンダ

きじとこめんと

カテゴリ

リンク

じぶん

おかてつ

Author:おかてつ
めがね。
しゃかいじんよねんせい。

けんさく

M.R.ながら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。