--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/09/25 (Mon) 2006年9月25日(月) 後期開講記念&成績発表記念。
 久しぶりに会う人によく、「痩せた?」と聞かれる今日この頃。前は太っていたのか…。

 7時のアラームで無事目を覚まし、1時間以上ぼけぼけして登校。
 1限目は「教育相談論」。k瀬先生らしい授業だった。留学組のおかげで、教室内の英文学科率が高騰。賑やかだ。
 2限目は「英語学演習」。この時間は、留学組は2年後期の授業に出るから、教室内が少し寂しい。さらに、先生早速問題集に取り掛かり始めちゃったよ。真面目だなあ。
 昼に成績発表があった。1つの教科以外全ての授業の単位が取得できていた。できていなかった1つというのは、「比較文学」。負け惜しみのように聞こえるかもしれないが、これはもう予定通りとしか言い様がない。後期のこの時間は、司書課程の授業があるから、もう受ける必要がない。ああ、開放感。現在取得している卒業所要単位数は、100。これが124になれば晴れて卒業となる。ところで、資格に関連する単位を合計すると、つまり、総取得単位数は、132。資格んとこを普通の授業にしてたらもう卒業できてんじゃん。頑張ってるなあ。何も資格を取らない人でも、総単位数100やそれ以下の人もいるってのに。そして何より悲しいのが、後期の詰めつめの時間割を制覇して全部の授業の単位を取得しても卒業所要単位が124に満たないという現実。教職課程を切るタイミングは、とうに過ぎ去った。
 3限目は、「英語学特講」。この時間からまた留学組と合流。で、前期と同様、この授業を受ける能力があるかどうかのテストを受けた。明らかに前期のそれよりも難しくなっていたが、周りの人と解答を照らし合わせてみると、運命は共同のようだ。結果発表は、明日の14時。
 4限目は、「総合演習」。これはグループ分けをして、それぞれが課題のテーマを決め、それに関する教材研究をし、他の学生の前で50分の模擬授業をするというもの。英文、国文、芸文の学生総数が17で、男が6。班分けは先生が勝手に行った。3人グループが5つ、2人グループが1つだ。先生の粋な計らいのおかげで、2人グループは男女ではなく男男にしよう、ということになった。そして、見事にその2人グループに入った。うん、いいんだ。何かそんな気がしてた。さらに、テーマがなかなか大人なものになった。まあ、これを題材にした授業は珍しいだろうから、聞く方も少しは楽しめるかもしれない。あと、この時間に、留学組の人のほとんどがこのブログの存在を知っていたということを聞かされた。せいぜいmixiで繋がっていた数人だけかと思っていただけに、驚き。そして、学校では素の自分は出ず、学校モードになっているせいか、少し恥ずかしい。
 5限目は、「読書と豊かな人間性」。そう、月曜からフルクラス。そして、英文学科の人間は、1人。留学組の人で、司書課程と教職課程を履修していた人がいたのだが、その人は教職課程を選択したようだ。どうも留学してしまうと両方の資格は留年しなければ取れないらしい。仲間が増えるのを楽しみにしていただけに、残念だ。

 mixiのコミュニティで、有益な情報を手に入れた。なんと、あのピタゴラそうちがDVDになるというのだ。発売日は12月1日。待ち遠しいぞ、ピタゴラそうち。そろそろ欲しいものが増えてきた。アマゾンに注文する季節なのかな。お金、足りるかな。

 Yahoo!ニュースに、訃報の記事があった。対象の人物は、丹波哲郎。そういえば最近見てなかったな。少し前までは、訃報といっても、自分が全然知らない昔活躍した人で、「へえ、こんな人がいたんだ」と思うことが多かった。それが、最近は、よく知っている人が亡くなっていく。もちろん残念なことだとうは思うが、そこまで気には止めない。数日経てば忘れるだろう。それにしても、怖い。何が怖いってそりゃあんた、死が着々と自分に近づいてきているというこの切迫感。ああ、いやだ。死にたくないなあ。

 21時ぐらいから、中国人留学生のc女史の家に行った。と言うのも、彼女は今日本語検定(かな?)の1級の勉強をしているので、ジュース飲み放題というギャランティで臨時家庭教師だ。他の留学生の人も来たりして、むしろこっちが中国語を習ったりもしていたら、いつの間にか眠りに入ってしまっていた。久しぶりの学校で知らず知らずのうちに疲れたらしい。沈む体をなんとか持ち上げ、日付けが変わる頃に帰った。別府の夜は、星が綺麗だ。上ばかり見ていたら、足元を生のゴキブリが這うのが困るが。

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://okatetsu.blog7.fc2.com/tb.php/391-9919d871

あしあと

     

カレンダ

きじとこめんと

カテゴリ

リンク

じぶん

おかてつ

Author:おかてつ
めがね。
しゃかいじんよねんせい。

けんさく

M.R.ながら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。